ふぞろいのわんこ達
プロフィール

S姉ちゃん

Author:S姉ちゃん
ふぞろいのわんこ達との楽しい日々を綴ります。

フリーエリア
ここに入れた文字は カーソルを乗せたとき 説明文として表示されます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はグダグダのくらーい記事なので暗いのが苦手な方はスルーしてください。


大丈夫な方は「続きを読む」からお願いします。


ボブがいなくなって、色いろなことを考え後悔しました。

どうしてボブがいなくなったと聞いたとき、すぐに帰らなかったんだろう…

どうしてどうしてどうして…

本当に色いろ考えました。

ほとんど、というか、すべてが後悔です。

ボブがいなくなっちゃった!と連絡をもらったとき、

正直、「やばいじゃん!」っという気持ちと「2~3時間すれば帰ってくるだろう」っという気持ちがありました。

もともと脱走癖があり、スキあらば家から出て行こうとしてた子なので、昔は玄関の出入りのときはかなり注意していました。

歳をとってからは脱走することもなくなっていたので、油断していたんだと思います。

そして、実際にいなくなってしまっても帰ってくるだろうという油断がありました。

なので、夕方になっても帰ってこないっとなってから本格的にヤバいんじゃない?!っとなりました。

どうしてあのときすぐに帰って捜さなかったのか、

どうしてあのとき簡単に「帰ってくるだろう」なんて思ってしまったのか、

本当に今さらだけど、、、


犬を飼う資格もないな、っと思いました。

ボブを捜索するのに、仕事がなければ…、ヒューゴ氏たちがいなければもっと自由に捜しにいけるのに…、なんてことも考えてしまいました。

仕事があって何も考えなくていい時間があって、ヒューゴ氏たちがいたからこそ普通に生活していられたのに・・・

真剣にヒューゴ氏たちもウチにいても幸せになれないと思ったし、

もっと幸せにしてくれる人がいるはずだ!っとも思いました。ていうか、心の中ではずっとそういう気持ちがあります。


でも、わたしは今ガクを保護し、一緒に生活しています。

矛盾してるなぁっと思います。


ハピラブさんのお手伝いの一つとして、センターのHPなどをチェックするんですが、普段はなんてことはありません。

もちろん、どの子も可哀そうだなぁっと思うし、助けてあげたいと思います。

ただ、現実的には無理なので、ごめんね。っという気持ちを持つくらいです。

でも、明らかに放浪してただろうという程ボロボロになってるわんこを見ると、どうしようもなく震えてきて涙が止まらなくなります。

ボブがこうなっているかもしれない。

まだ、放浪していて辛い思いをしているかもしれない。

と思うと、どうにもならなくなります。


保護活動をやめて、ヒューゴ氏たちとの生活だけを楽しめばきっとこういうことに会う機会もそんなにないと思います。

このまま保護活動などをつづけていれば絶対にこういうこともあるし、自分自身もつらいです。

(正直、自分の家の犬以外とのかかわりをすべて絶ちたい。っと思ったこともあります。)


が、これは私に与えられた罰だと思っています。

この思いは一生忘れないでいなければいけないと思っているし、罪を背負っていかなければいけないと思っています。

言い方が大袈裟ですが、それくらい酷いことをしていしまったと思ってます。

一番辛いのは、自分たちじゃなく、ボブなんですから。

私たちは、本当は、泣く資格も悲しむ資格もないと思っています。(っても、泣けてきちゃいますが・・・)

なので、あえて保護活動にも参加していきます。

もちろん、以前にガクの記事のときに書いた気持ちも本当です。



そして、なぜこんなわたしの気持ちなんてどうでもいいことを書いたかといいますと…


なんども書いてますが、私の心の中には大きな後悔が残りました。


で、どうしてもみなさんに伝えたい。というか、実行して欲しいことがあります。

それは、首輪と迷子札を必ずつける。ということです。

当然のことだよね。って思ってる方も多いと思いますが、意外に家の中ではしていなかったりします。

ウチもそうでした。

ボブの胴輪には名前と電話番号が入れてありました。

でも、家の中では首輪はしていませんでした。

買わなきゃなぁっと思いつつ、ずるずると…です。

ボブが迷子になってしまったのは、もちろん完全に私たち家族の責任です。

迷子札をつけてたからって、迷子にならない訳じゃありません。

ですが、ボブを見たという方から連絡をいただいたときに、
(この方はいなくなってから一番近い日に見た方で、自分の犬についてきてすぐそばまで寄ってきてたそうです。)

「首輪してなかったからねぇ。。首輪してたら迷子だと思って捕まえたんだけど…」

っと言われ、本当に心の底から後悔しました。

他の方からも首輪してないとなかなか捕まえる勇気が出ないと言われました。

しかも、大きい犬だと余計に…。っと。


今はライフチップというのもあり、情報が入っているので安心。と思われますが、

実際、首輪もなにもしていない犬を見かけて保護する。というのは、かなりの犬好き以外はないのでは?っと思います。

街中ですと、人も多いので人目につきやすいですし、犬嫌いな方もみえると思うので、すぐに通報が入ったり、近所で話題にもなると思います。

が、わたしの今回の経験からいくと、田舎の方では、

まず、人がいない。そして、犬がフラフラしてても気にしない。ってことを感じました。

犬を飼ってみえる方や、犬好きな方は犬がフラフラしていたら、気をつけてみますが、

そうでもない人(特にお年寄り)なんかは、気付かない、もしくは、歩いてるなぁくらいにしか思わないようです。

とある河川敷の公園には野良犬が数匹いるらしいですが、誰も通報もしないですし、夕方になると「戻ってきたね~」って感じらしいです。

ボブは18㌔ほどあり決して小さい犬ではなかったんで、見たら保健所に通報するだろう。と思っていましたが、通報する方はみえませんでした。

しかも、人懐っこかったりすれば、人によっていくので保護されやすいですが、そうでもない子はなかなか難しいんだなっと思います。


もちろん脱走防止は重要ですし、十分気をつけて生活しなければいけませんが、

どうしても、不意に、っということもあると思います。

そんなときに、首輪&迷子札を「している」っということが重要になるんだと感じました。

首輪だけでなく、迷子札をしているのが分かれば、連絡してほしいってことも伝わりますし。


せめてこのブログを読んでいただいてる方とそのわんこだけでも、こんな辛い経験はして欲しくないと思い、書いてみました。

ダラダラグダグダと書いて支離滅裂なとこもいっぱいありますし、不愉快な思いもされたかと思います。

ただ、これが私の正直な気持ちです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://huzoroi05.blog22.fc2.com/tb.php/6-43d3476e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
迷子札するよ!
してないからねー
ついついなんだけどね
気をつけるよ
ありがとー!

aoism by iphone | 2009.04.14 00:15 | edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.04.14 14:32 | edit
★aoismさんへ★

先ほどはどもども~
おぉ!iphoneから見て頂いてるんですねっ?
あざーっす!

首輪、是非(ってのも変ですが)して下さいね!
アンクちゃん、オーちゃん、ブー君になんかあったら私も普通じゃいられませんから~(マジで)

S姉ちゃん | 2009.04.14 20:13 | edit
★非公開コメさま★

コメントありがとうございます。
迷子札、本当に大事だなと感じました。
残念ながらウチはいなくなってから気づきましたが…
お友達にも是非是非お伝え下さいっ

では、これからもよろしくでっす。
S姉ちゃん | 2009.04.14 20:19 | edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.04.14 20:24 | edit
迷子札・・・とても大切なことを改めて実感しました。ありがとうございます
nico | 2009.04.14 21:16 | edit
★非公開コメさんへ★

コメントあざーっす!
S姉ちゃん | 2009.04.16 12:28 | edit
★nicoさんへ★

ありがとうございます。だなんてとんでもないっす。
ウチは失敗しちゃったんで、、、

そうそう、資格が取れたらしいですねっ
おめでとうございます~♪
他の子もお願いしようと思ってるんで、その時はヨロシクでっす!
S姉ちゃん | 2009.04.16 12:35 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。